MB-style Blog

健康と体、筋トレの効果やダイエット情報などを配信

  • HOME
  • レビュー
  • ゴルフの上達には筋トレ!効果的なトレーニング法をプロが伝授します

ゴルフの上達には筋トレ!効果的なトレーニング法をプロが伝授します

ゴルフの上達には筋トレ!効果的なトレーニング法をプロが伝授します

ゴルフを練習していて、よく指摘されるのが「軸がぶれている」ということ。

ゴルフで飛距離を伸ばし、スコアを安定させるには、軸となる体幹を中心とした筋トレが欠かせません。

「もっとゴルフが上手くなりたい!」

そんなゴルファーのあなたに向けて、トレーニングのプロの目線から鍛えるべき筋肉の部位や効果的なトレーニング法をお伝えします

ゴルフでよりよいスコアを出すために鍛えるべき筋肉とは?

ゴルファーが鍛えるべき筋肉は、まず体幹です。

体幹とは、「腹腔」というお腹の内臓が詰まった部分を囲んでいる部分のことを指します。

特にインナーマッスルである腹横筋や骨盤底筋群はぜひ鍛えたい筋肉といえるでしょう。

腹横筋は、腹腔の前面から側面の深い部分にかけて位置する腹筋であり、上半身をぐっと安定させるコルセットのような役割を果たします。

腹横筋を鍛えることで、ゴルフを早く振ったときに上体が安定しやすくなり、ヘッドスピードが上がりますまた腰痛予防の効果も期待できます。

骨盤底筋群は腹腔の底の部分にある筋肉で、骨盤と一緒に内臓が下がらないように支えています。

下半身と上半身の一体感を作るために重要な部分なので、骨盤底筋群を鍛えると下半身の軸がぶれずにスイングが安定します。

加えて、肩甲下筋など背中から肩甲骨周りにかけての筋肉を重点的に鍛えることで、スイングのブレが少なくなります。

やみくもに筋トレをしてしまうとつい腕や足にばかり目が向きがちですが、力任せにクラブを振ってもゴルフの飛距離は伸びません。

大事なのはスイングのフォームを安定させ、手や腕の操作に頼らずに全身の力を使って打つこと。

そのために軸となる筋肉を鍛えれば、結果として怪我の防止や疲労の軽減にもつながります。

スイングのフォームを安定させる軸作りに最適の筋トレとは?

腹横筋を鍛えるための定番メニューはプランクです。うつ伏せになった上体から、両足のつま先と両肘で体を支えてキープする方法です。

インナーマッスルなので意識するのが難しい部位ですが、しっかりと筋肉の動きや効き具合を意識しながら行いましょう。

骨盤底筋群を鍛えるなら、両膝を立てて仰向けに寝た状態からお尻を持ち上げるヒップリフトがおすすめ。

両足の間にクッションやバランスボールを挟むと、さらに効果が上がります。

肩甲骨周りの筋肉を鍛える方法は様々ですが、自宅であればダンベルなどを使ったインターナルローテーションが効果的です。

ただし、重点的に鍛えたい筋肉の多くがインナーマッスルなので、自分だけで取り組んでもなかなか効果が感じられないという人も多数いらっしゃいます。

また人によって筋肉のバランスは異なりますので、一人ひとりに合わせてメニューを組むのがベストです。

私たちMB-styleでは無料相談や無料体験を行っています。ゴルフを上達させたい人向けの筋トレ法もサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談下さいね!

一覧ページに戻る